開催概要

MyData Japanカンファレンスは、個人を起点としたデータ活用の在り方を探求するための国内最大級のイベントです。今年のテーマは「MyData by Design」。私たちは、個人がデータ主権を持ち、自身のデータを安全かつ自由にコントロールできる社会の実現を目指します。 今年のカンファレンスでは、MyDataの原則を実践するために必要な要素を「設計(Design)」するための議論を行います。技術的な設計だけでなく、法律、ビジネス、社会制度など、多面的な観点からアプローチします。個人起点のデータ活用によるイノベーションの可能性、データプライバシーとセキュリティの最前線、MyDataエコシステムの構築、データ主権の未来像など、様々なテーマについて議論を深めます。 BLTS(ビジネス、法律、技術、社会)の各分野から第一線で活躍する専門家を招き、基調講演やパネルディスカッション、ワークショップ等を通じて、参加者の皆様と一緒に「MyData by Design」の実現に向けた方策を探ります。また、国内外のMyData関連プロジェクトの事例紹介や、参加者同士のネットワーキングの機会も提供します。 個人を中心に据えたデータ活用の在り方に関心を持つ企業、行政機関、非営利団体、研究者、学生など、様々なバックグラウンドを持つ参加者の皆様のご来場をお待ちしております。ぜひ、MyDataの未来を一緒に「設計」しましょう。

日時: 2024年07月17日(水) 10:00~18:45(9:40開場)
会場: 一橋講堂(詳細) 〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内(GoogleMap
定員 (予定): 通常チケット(お弁当なし):500名 通常チケット(お弁当あり):100名
主催: 一般社団法人MyDataJapan
特別協力: 一般社団法人Privacy by Design Lab 
後援: ※順次追加 MyData Global 
デジタル庁
OpenIDファウンデーション・ジャパン
DIF Japan

チケット

通常チケット(お弁当なし)
2,000円

すべての会場に入場可能です。
MyDataJapan会員の方は通常チケットが無料になります。 この機会にぜひご入会ください。
通常チケット(お弁当あり)
3,500円

すべての会場に入場可能です。MyDataJapan会員の方は通常チケットが無料になりますので1,500円になります。

会場案内

プログラム

プログラム構成.png (1280×620)

10:00~10:05
会場案内Track A - 0
太田 祐一

一般社団法人MyDataJapan 常務理事
10:05~10:20
開会宣言Track A - 1
崎村 夏彦

一般社団法人MyDataJapan 理事長
10:20~11:50
デジタルアイデンティティはどこに向かうのかTrack A - 2
林 達也

デジタル庁 アイデンティティアーキテクト / アイデンティティユニット長
若江 雅子

読売新聞東京本社 編集委員
日下 光

xID株式会社 代表取締役
モデレータ:崎村 夏彦

一般社団法人MyDataJapan 理事長
11:50~12:00
デジタルアイデンティティウォレットの活用事例スポンサーセッションA1
太田 祐一

株式会社DataSign 代表取締役社長
12:00~13:00
昼休み
展示 や Track B へどうぞ

お弁当購入者はTrack Bにてお弁当をお受け取りください
希望者による5分間ピッチ×5人 Track B - 0
OWND WalletをベースとしたDIW開発

株式会社VESS Labs CEO 藤森侃太郎
DID/VC技術がもたらす、国家や事業者といった垣根を超えたデータ互換性

株式会社Recept 代表 中瀬将健
開発者集まれ!日本でもDIF(Decentralized Identity Foundation)が立ち上がったぞ!

DIF Japan メンバー
Data Privacy Vault の必要性

株式会社電通 星野怜生
市民共創でデザインする未来のパーソナルデータ利活用のあり方

武蔵野美術大学 北崎允子
13:00~14:30
〈倫理(エシックス)〉を乗りこなす:データ時代の倫理を実装するTrack A - 3
瀧 俊雄

株式会社マネーフォワード グループ執行役員CoPA Fintech研究所長
横野 恵

早稲田大学社会科学部 准教授
杉本 俊介

慶應義塾大学商学部 准教授
モデレータ:朱 喜哲

大阪大学ELSIセンター 招へい准教授 / 株式会社電通 チーフ・リサーチ・ディレクター
自動車・テレビから得られるIoT・世帯データの保護と活用Track B - 3
大角 良太

トヨタ自動車株式会社 デジタルソフト開発センター e-TOYOTA部 データ事業推進室 グループ長
竹澤 玲央

ヤマハ発動機株式会社 / 一般社団法人日本自動車工業会 次世代モビリティ委員会 デジタルタスクフォース データガバナンス検討チームリーダー
松瀬 俊一郎

株式会社テレビ朝日 IoTv局データソリューションセンター センター長
坪井 創吾

TVS REGZA株式会社 クラウド事業センター センター長
モデレータ:小林 慎太郎

株式会社野村総合研究所 ICT・コンテンツ産業コンサルティング部 パブリックポリシーグループマネージャー
14:30~14:40
安心安全なAI社会に向けた富士通の取り組みスポンサーセッションA2
菊地 紅音

富士通株式会社 ジャパン・グローバルゲートウェイ デリバリーテクノロジー推進統括部
下野 暁生

富士通株式会社 ジャパン・グローバルゲートウェイ デリバリーテクノロジー推進統括部 シニアマネージャー
検証可能な資格情報と分散型IDで実現する、安全で信頼性の高いデジタル社会スポンサーセッションB2
松井 洋

Indicio Vice President
14:55~16:25
ポストクッキー時代の技術と消費者プライバシーのあり方 Track A - 4
小林 秀次

日本経済新聞社 プラットフォーム推進室 マーケティング&グロースG
宮一 良彦

株式会社PIER1 代表取締役
奥内 鉄治

RTB HOUSE JAPAN Country Manager
モデレータ:渡邉 桂子

株式会社ビーアイシーピー・データ 代表取締役
個人情報保護・プライバシーとAI ~求められる企業の取組~Track B - 4
日置 巴美

三浦法律事務所 弁護士
佐久間 弘明

Robust Intelligence, Inc. 政策企画責任者
平岩 久人

PwC Japan 有限責任監査法人 リスクアシュアランス部 パートナー
徳島 大介

日本電気株式会社 デジタルトラスト推進統括部トラスト戦略室 ディレクター
船越 亮

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 情報政策企画調整官
モデレータ:恩田 さくら

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 電子情報利活用研究部 主幹
16:25~16:35
プライバシーセンターにまつわる10の問いスポンサーセッションA3
原田 俊

株式会社マクロミル 事業統括本部事業企画部CRM/CX事業ユニット ユニット長
中村 恵美子

セガサミーホールディングス株式会社 弁護士・プライバシー保護責任者
モデレータ:渡邉 桂子

株式会社ビーアイシーピー・データ 代表取締役
プライバシーガバナンスや関連の取組スポンサーセッションB3
恩田 さくら

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 電子情報利活用研究部 主幹
16:50~18:20
George's Bar ~個人情報保護法3年ごと見直しに向けて~ Track A - 5
山本 龍彦

慶應義塾大学大学院 法務研究科 教授
森 亮二

英知法律事務所 弁護士
加藤 絵美

一般社団法人Consumer Rights Japan 理事長
モデレータ:宍戸 常寿

東京大学大学院 法学政治学研究科 教授
18:30~18:45
閉会挨拶 Track A - 6
佐古 和恵

一般社団法人MyDataJapan 副理事長
18:45 終了

Call for Proposal

お昼休憩中のTrack-Bにおける5分ピッチとポスター展示のCall for Proposalをしております。ご関心ある方はこちらからお申し込みください。

スポンサー展示紹介

株式会社DataSign

同意管理ツール「webtru」 および 分散型アイデンティティ

富士通株式会社

データ倫理向上へ富士通の取組み

Indicio

分散型IDと検証可能な資格情報

一般財団法人日本情報経済社会推進協会

プライバシーマーク制度の運営、電子証明書を発行する

ポスター展示紹介

東洋大学/加藤綾子
子どものデータの取り扱いに関する論点整理(仮)